今日の 志る幸 by こにぃ

和食 vol.001

【店名】
志る幸

【場所】
京都・河原町

【ジャンル】
みそ汁メインの日本料理店

【予算】
¥¥¥¥

【おすすめ度】
★★☆☆

【注文】
鯛めし丼 1575円 ・ 味噌汁(ゆば・白味噌) 不明(推定1050円)
志る幸
※味噌汁は別料金です

お漬物
志る幸「つけもの」
浅漬けは良い塩梅

鯛めし丼 1575円
志る幸「鯛めし丼」
綿菓子のようなほぉわっとした食感!

味噌汁(ゆば・白味噌) 不明(推定1050円)
志る幸「みそ汁(ゆば・白みそ)」
分厚いゆばがごろごろ

味噌汁(おろしいも・白味噌) 不明(推定1050円)
志る幸「みそ汁(おろしいも・白みそ)」
おろしいもは自然薯

【行き方】
阪急河原町駅を地上に上がり、
阪急百貨店側を河原町通沿いに三条方面へ歩いて
1本目の路地の中にあるお店。


【店舗情報】

************
【志る幸】
住所:
京都市下京区四条河原町上ル一筋目東入ル
Tel:
075-221-3250
営業時間:
11:30~15:00
17:00~21:00
土日祝
11:30~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:不定休

************
注文履歴
鯛めし丼1575円
味噌汁(ゆば・白味噌)不明(推定1050円)

************
(2008年12月1日現在の情報)


【感想】
************
【2008年12月1日】 by こにぃ
“汁”と書かれたのれんが印象的♪

名前の通り、味噌汁・すまし汁がメインのお店だが、
日本料理のお店。

風情のある建物は、
池田屋事件の火付けとなった古高俊太郎の開いた枡屋の址。

能舞台をイメージしたというカウンターと風情ある一枚板のテーブル、
こじんまりした町屋は京を感じるには充分の雰囲気。

【鯛めし丼】は、鯛一匹を使う丼で、
蒸した鯛の身を湯煎にかけながらほぐした身はフレークのようだが、
綿菓子のようなほぉわっとした食感!

ご飯にかかっている濃いめの味のたれとの相性も抜群です。

濃い味に慣れた人は、
鯛がぷりっとした食感でないのと優しい味わいなので、
少し物足りなさを感じるかも。

【味噌汁】は、
10種類ほどから具材をチョイス。
・赤味噌
・白味噌
・すまし汁
から選べます。

今回は、【ゆば】で白味噌をチョイス。

とても柔らかく繊細な白味噌の味わいに分厚いゆばがごろごろ入って、
山椒がアクセントになってます☆

【おろしいも】の白味噌も少し頂きましたが、
こちらは山椒はなく白ごまがきいていて、自然薯との相性が抜群☆

こちらのお店の難点は、値段が不透明な所。

丼などいくつかメニューに価格が書かれているが、
時価のものもちらほらあり、肝心の味噌汁の値段設定が不明。

おすすめは、
利久辨當(りきゅうべんとう)
日替わりの5品にかやくご飯、白味噌汁(具材はチョイス)で、
値段も明記されてます。

昼も夜も予算2500円~3000円は最低限必要です。

質より量な人、質も量も必要な人には物足りないと思います(>_<)

ちょっとした贅沢をするには、
コストパフォーマンスは良い方だと思います。

利久辨當や丼は持ちかえりも出来ます☆

お土産にはとてもおすすめです♪
Bookmark and Share
お店をさがす
プロフィール

食べ歩き倶楽部

Author:食べ歩き倶楽部
ごあいさつ
まずはこちらへ
取扱説明書
インデックスにどうぞ
こにぃおすすめ
こにぃの栗きんとんめぐりin中津川
都道府県のベスト店

もくじ

記事一覧表を表示

部活!
ジャンル
地域
 
おすすめ度
ランキング
人気ブログランキングへ
Facebookファンページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
A8net広告