スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bookmark and Share

今日の がんこラーメン十八代目 by こにぃ

ラーメン vol.168

【店名】
宗家一条流 がんこラーメン十八代目

【場所】
大阪・難波

【ジャンル】
ラーメン専門店

【予算】


【おすすめ度】
★★★★

【注文】
○2012年7月13日○
悪魔ラーメン(不定期限定メニュー) 900円

出汁の量を二倍にし、醤油を強くし、わたり蟹とビールで味を整えたスープ
ガツンと出汁の濃厚なコクが広がった後、醤油の香りと辛みが強く出る


○2012年5月9日○
天然真鯛の塩ラーメン(7周年ver.) 800円

定番メニューとは違い、塩気が抑えられ、出汁を全面に押し出したスープ
えぐみは全くなく、貝の旨味が際立ち、それを真鯛の香りと甘みが支える
体中に優しいコクが広がり、心地よい


○2012年5月2日○
あさりとトマトの冷辛麺(大盛) 1000円

具材がグレードアップ
スモークサーモンが加わり、ベーコンではなく生ハムに変わった
あさりのみでとった透明な出汁が入っている
そこに唐辛子油が加えられ、ぴりぴりとした辛味がわりと強めに出てくる


○2012年4月25日○
塩(赤唐辛子とにんにく油)大盛 800円

正油と比較すると赤唐辛子の辛味がかなり際立つ味わい

がんこ飯(小) 100円

出汁の旨みをまとったシソの香りが塩スープと抜群に合う


○2012年4月11日○
正油(赤唐辛子とにんにく油) 700円

唐辛子の辛味がシャープになり、にんにくがまろやかさと出汁の旨みを引き出す味わい

○2012年3月5日○
みそラーメン(不定期限定メニュー) 800円 ・ バター 50円

わりとインパクトが弱い感じがあるが、
食べ終わった後に味噌のコクがじわじわと広がる


○2012年2月8日○
正油らーめん(背油入り) 800円 ・ 大盛化(半玉) 100円

魚介出汁の旨味を主体にシソが出汁の味わいを支える
背油は柔らかな旨味を添える感覚で、それほど主張は強くない


○2011年10月26日○
天然真鯛のラーメン(醤油) 800円
がんこ十八代目「天然真鯛のラーメン醤油」
焼き鯛の香ばしさと芳醇な旨みを含む香りがガツンと広がる
この香りは食べた後も余韻として鼻の奥に残る


○2010年12月15日○
正油(とうがらし油) 700円
がんこ十八代目「醤油(とうがらし油)」
辛さに相まって旨みが際立つ
醤油は香りを加える感じ

○2010年6月13日○
アサリとトマトの冷辛麺 850円
がんこ十八代目「トマトとあさりの冷麺」
イタリアンテイストの冷麺

○2010年5月12日○
正油(ねぎ油) 700円
がんこ十八代目「醤油ラーメン(ねぎ油)」
醤油ダレが加わることで、塩辛さが丸くなった感じ

○2010年5月5日○
胡麻とバタピーの塩そば 800円
がんこ十八代目「胡麻とバタピーの塩そば」
調味料を加えることで、
辛味のアプローチが変わり、
味わいの変化を色々楽しめる

○2008年4月27日○
塩(ねぎ油) 700円
宗家一条流がんこ十八代目「塩(ねぎ油)」
あっさりタイプだがかなりパンチが効いている


【行き方】

携帯用地図 ラーメン vol.168 宗家一条流 がんこラーメン十八代目 を表示

地下鉄・南海なんば駅の東側、
なんばグランド花月の南側、
ぶらさがった骨が目印。


【店舗情報】


************
【宗家一条流 がんこラーメン十八代目】
住所:
大阪府大阪市中央区難波千日前10-13
営業時間:
11:30~16:00
17:00~20:30
定休日:月曜・火曜(スープ不出来の日など不定休あり)

************
注文履歴
悪魔ラーメン(不定期限定メニュー)900円
------------
天然真鯛の塩ラーメン(7周年ver.)800円
替え玉200円
------------
あさりとトマトの冷辛麺(大盛)1000円
------------
塩(赤唐辛子とにんにく油)大盛800円
がんこ飯(小)100円
------------
正油(赤唐辛子とにんにく油)700円
替え玉200円
------------
みそラーメン(不定期限定メニュー)800円
バター(不定期限定メニュー)50円
------------
正油らーめん(背油入り)800円
大盛化(半玉)100円
------------
天然真鯛のラーメン(醤油)(不定期限定メニュー)800円
替え玉1玉200円
------------
正油(とうがらし油)700円
替え玉200円
------------
アサリとトマトの冷辛麺(夏季限定メニュー)850円
------------
正油(ねぎ油)700円
------------
胡麻とバタピーの塩そば800円
------------
塩(ねぎ油)700円

************
(2012年7月13日現在の情報)
【感想】
************
【2012年7月13日】 by こにぃ

2012年7月13日金曜日。

13日の金曜日は悪魔ラーメンが登場する可能性がある。
4月はなかったが、7月登場でなんとか行ってみた。

【悪魔ラーメン】
出汁の量を二倍にし、醤油を強くし、わたり蟹とビールで味を整えたスープ。
ガツンと出汁の濃厚なコクが広がった後、醤油の香りと辛みが強く出る。
パンチがかなり効いた端麗系。

麺も特注で、普段よりすこし太い。
プリンッとした食感。
ゆで加減は普段より少し柔らかめで、スープを吸い込ませる感じ。

チャーシューも特別。
豚バラのしょうが焼きが乗っている。
普段のとろとろチャーシューも一枚乗っていた。

辛みを効かせた生の玉ねぎに青唐辛子、海苔、メンマが乗っている。

出汁の強さがあるから成立する塩辛さというか醤油辛さ。
富山ブラックに通じる組み立て方を感じた。


************
【2012年5月9日】 by こにぃ

7周年記念特別メニューが提供されるということで、行ってみた。


店頭にはお知らせが


【天然真鯛の塩ラーメン】
7周年記念限定仕様。
天然真鯛とサザエとハマグリとホンビノス貝で出汁をとったスープ。
ホンビノス貝は、別名シロハマグリ。
英名がchawder clamというクラムチャウダーに合う貝。

定番メニューとは違い、塩気が抑えられ、出汁を全面に押し出したスープ。
えぐみは全くなく、貝の旨味が際立ち、それを真鯛の香りと甘みが支える。
体中に優しいコクが広がり、心地よい。

今まで食べた限定メニューで一番好み。

スープがまろやかな味わいだが、
キュッキュッとした弾力のある細縮れ麺と
とろけるチャーシュー、海苔、黒胡椒のメンマも抜群に相性が良い。

マイルドさを推したあっさりラーメンの中では、こいしやに匹敵する。


************
【2012年5月2日】 by こにぃ

【あさりとトマトの冷辛麺(大盛)】
具材がグレードアップ。
スモークサーモンが加わり、ベーコンではなく生ハムに変わった。

あさりのみでとった透明な出汁が入っている。
そこに唐辛子油が加えられ、ぴりぴりとした辛味がわりと強めに出てくる。

生クリームが別添になっていて、途中で加えるのを推奨している。
乳臭さを感じるくらいの濃度があるが、
量が少な目なので、出汁と混ざるとちょうど良いバランスになる。

ここで、クラムチャウダーのような出汁の出来上がり。

調味料はいろいろあるが、黒胡椒だけが唯一合うとのこと。

たしかに黒胡椒を入れるとバラバラに主張する具材がまとまって、バランスがよくなる。

出汁は後になるほど際立つ味わい。

もう少しコクが欲しい気もするが、キリッと爽やかな後口にするには
これぐらいのバランスがちょうど良いのかもしれない。

スモークサーモンと生ハムは300円で増量可能。


************
【2012年4月25日】 by こにぃ

真鯛のご飯を目指して行ったが、なかった。
スモークサーモンの冷麺を準備している様子で、気になった。


【塩(赤唐辛子とにんにく油)大盛】
正油と比較すると赤唐辛子の辛味がかなり際立つ味わい。
スープの旨みをかなりマスクしてしまうので、正油の方がバランスが良い印象。

【がんこ飯(小)】
シソの味わいと出汁の味わいが効いたご飯。
ほぐれたチャーシューも入っている。
出汁の旨みをまとったシソの香りが塩スープと抜群に合う。


************
【2012年4月11日】 by こにぃ

【正油(赤とうがらしとにんにく油)】
以前よりもブラッシュアップされた味わい。
唐辛子の辛味がシャープになり、にんにくがまろやかさと出汁の旨みを引き出す味わい。
癖になる味。


************
【2012年3月5日】 by こにぃ

今回は限定メニューの中でもめったに登場することがない
味噌ラーメンが登場するとのことで、訪問。

【みそラーメン】
ニンジン、玉ねぎともやしを中華鍋で炒め、
そこに出汁を加えて一煮たちさせた後に味噌、醤油ダレを加え
さらに一煮たちさせたスープ。

出汁が主体の味わいがこのお店らしさを感じる。
わりとインパクトが弱い感じがあるが、
食べ終わった後に味噌のコクがじわじわと広がる。
この余韻がクセになるのだが、限定メニューなのがもったいない。

トッピングは炒めた野菜の他に、
黒胡椒のついたメンマ、大きなチャーシューが2枚。
いつものトロトロタイプ。
スープがさらっとしているので、
歯応えのあるチャーシューも合う感じはある。
麺はいつもの麺より若干太めで少し柔らかめのゆで加減。

今回、トッピングにバターがあったので加えてみた。

かなり脂分がしっかりした味わい。
主張が強いので、しっかり馴染ませた方が良いバランスに。


************
【2012年2月8日】 by こにぃ

今まで気がつかずスルーしていたメニューを発見。

【正油らーめん(背油入り)】
えび油やねぎ油など香味油で味わいを替えるのがここの特徴だが、こちらは直球。

スープはより出汁の味わいが分かりやすく広がる。
魚介出汁の旨味を主体にシソが出汁の味わいを支える。
背油は柔らかな旨味を添える感覚で、それほど主張は強くない。

麺との相性は若干麺の主張が他のメニューより強く感じる。

海苔との相性もよく、とろとろチャーシューも相変わらず美味。

出汁を味わうなら、オススメなメニュー。


************
【2011年10月26日】 by こにぃ

何気なく、お店のブログを開くと、

不定期メニューの
“天然真鯛あります。”

が飛び込んだため、行ってみた。


【天然真鯛のラーメン(正油)】
不定期で提供されるメニュー。

最初、塩で注文した所、醤油の方がオススメですよ☆と店主さんからアドバイス。
素直に醤油へ変更をお願いした。

トッピングは、ネギ、チャーシュー、海苔、メンマ。

麺は極細縮れ麺。

ここまではいつも通り。

ただ、麺は調整されてあり普段よりも少し柔らかめだった。

スープはひとくちめで分かるインパクト。

焼き鯛の香ばしさと芳醇な旨みを含む香りがガツンと広がる。

この香りは食べた後も余韻として鼻の奥に残る。

3年ほど前に鯛ダシのラーメンを食べた時は、
鍋料理のダシのような感覚だったが、
明らかに違うインパクトを持っていたのに驚いた。


そして、相変わらず替え玉のタイミングが絶妙なのもステキ☆

************
【2010年12月15日】 by こにぃ

【正油(とうがらし油)】
唐辛子の香りと辛味が拡がるスープ。
辛さに相まって旨みが際立つ。
醤油は香りを加える感じ。

とうがらし油が辛い分、塩辛さは抑えめ。

海苔が合う。

辛さを抑えつつ、海苔の香りと旨みが角度を変えてくれる。


ベースのダシの秀逸さを改めて感じさせられる一杯。


相変わらず、
トゥルットゥルに蕩けるチャーシューと
キュッキュッとした食感の極細縮れ麺がステキ♪


************
【2010年6月13日】 by こにぃ

【アサリとトマトの冷辛麺】
ホールトマトとあさりの冷麺。
コーヒーフレッシュがトッピングで加えられるようになっている。

通常の麺もかなりコシがあるが、
氷水で締められる分、さらにコシが強くなる。

トマトの甘みとアサリの旨みを
フレッシュが引き出す。

少し味わいが淡白な味わいだが、
ベーコンの塩味と脂身でバランスをとる感じ。

イタリアンテイストの冷麺。
さっぱりとした口当たり。

からめとオーダー時にいうと辛味アップ。


************
【2010年5月12日】 by こにぃ

【正油(ねぎ油)】
ベースは塩ラーメンのスープ。
醤油ダレが加わることで、塩辛さが丸くなった感じ。


************
【2010年5月5日】 by こにぃ

【胡麻とバタピーの塩そば】
坦々麺のような胡麻の味わいがききつつも、
ベースは塩ラーメンのスープ。

バターとピーナッツの香りがツンと立ち上る
ラー油が浮かんでいる。

辛味がバシッと効いたタイプ。

三種類の調味料が用意されている。
・あらびき黒コショウ(GABIN)
・あらびき白コショウ(GABIN)
・山椒(ハウス)

調味料を加えることで、
辛味のアプローチが変わり、
味わいの変化を色々楽しめる。

贅沢な一杯。

辛いラーメンが好きな人にイチオシの一杯です♪


************
【2008年4月27日】 by こにぃ

東京の池袋にある(元は早稲田にあった)
一条流がんこののれん分けを許されたお店。

食券制のお店。
黒を基調とした内装でカウンターのみのこじんまりとした広さ。

がんこの特徴は塩が強いダシ。
塩辛くも感じるがダシのコクと相まってクセになる味わいに。

【塩(ねぎ油)】
ねぎ油以外にもとうがらし油やえび油など香味油を選べるのが、
十八代目の特徴。

関西人に合わせて塩加減も調整してくれます。

スープはねぎの香味が香りつつ、
魚介ダシのやわらかくコクのある味わい。
あっさりタイプだがかなりパンチが効いている。

麺は細縮れ麺。
キュッキュッと音が鳴るほど引き締まった食感。

チャーシューは噛む必要がないほどとろとろで、
口に入れた瞬間に旨みを出しながら消えていく。
Bookmark and Share
お店をさがす
プロフィール

食べ歩き倶楽部

Author:食べ歩き倶楽部
ごあいさつ
まずはこちらへ
取扱説明書
インデックスにどうぞ
こにぃおすすめ
こにぃの栗きんとんめぐりin中津川
都道府県のベスト店

もくじ

記事一覧表を表示

部活!
ジャンル
地域
 
おすすめ度
ランキング
人気ブログランキングへ
Facebookファンページ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
A8net広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。